新卒時に目指すことができる4つの薬剤師の求人の道

製薬会社の営業職という道もある

研究職は狭き門、臨床薬剤師は新卒の段階で選ぶべき調剤薬局とドラッグストアは求人が多い製薬会社の営業職という道もある

最後に私が関わったことのない薬剤師の仕事が1つだけあります。
それはいわゆる営業職と言うものです。
正確には1度だけチャレンジしてみようと考えたことがあるのですが、製薬会社の職員として薬を病院の医師に売らなければならないと言う仕事でしたのでハードルが高かったと言うことをよく覚えています。
上手に結果が出せればかなりの給料もらうことができる魅力的な仕事である一方で、成果が出せなければ存在価値が問われることにもなりかねません。
製薬会社の営業マンは薬関係の仕事としてはかなり特殊な位置づけになりますが、専門知識を生かすことができる職場としては注目すべきポイントであると言えるかもしれません。
私は結局調剤薬局の仕事を選択することになりました。
落ち着いて働くことができる環境であり、ライフスタイルに合わせて柔軟に仕事の形を変えていくことができるのが魅力的に感じます。

薬剤師 求人 | 薬剤師